バラバラに、ともに。遠藤まめたのブログ

LGBTの子ども・若者支援に取り組む30代トランスの雑記帳です

YouTubeで見つけた性教育アニメチャンネルが良かった

インターネットによる性教育の可能性

とかいう、とんでもなくデカいタイトルで今月末に対談することになっているので、国内外の友人にオンライン上のおすすめ性教育コンテンツを募っている。

その中で教わったAmaze.orgという子ども向けのYouTubeチャンネルが大変に気に入ったので今日は紹介してみたい。

ちなみに英語だけど、わかりやすいアニメなので雰囲気を見るだけでも面白いと思うよ!

 

性自認や性表現について学ぶ編

www.youtube.com

「これが私、これが私〜♫」と歌いながら、お友達はみんな一人ひとりちがうよね、と小学校高学年ぐらいの子どもでもよくわかるように作られたコンテンツ。セルフィーをとって「いいね」が毎回700件ぐらいついているのが今っぽくて笑える。アルファアカウントのようだ。

性的指向はみんな違う編

www.youtube.com

キュートなテイストから雰囲気を変えて、こちらはちょっとドキドキするアニメ。人がだれのどんなところに性的に惹かれるのかは人それぞれ、ということが様々な登場人物によって語られる。鼻くそほじってる清潔感ゼロマンにドキドキしてる人とか、謎の白馬のお姉様(二回登場)とか、楽しみながら「性的マイノリティとそれ以外の普通の人」ではなく、みんなが多様性の一部ということがわかる構造になっている。

 

コンドームの付け方紹介編

www.youtube.com

冒頭の「なんで風船にストロベリー味があるのよ!」というセリフから笑わせる。先に挙げた2種類のようにLGBTQないしジェンダーセクシュアリティに関する情報がオンラインの方が入手しやすいのは日本でも同じなのだが(性性堂堂とかいいよ!)、「いつセックスすべきか」「コンドームの使い方」などを高いエンタメ性を兼ね添えながらアニメで教えているのは本当にすごいと思う。日本でもシオリーヌさんなど発信しているけれど、いろんなやり方で増えていくと良いな。

 

なお、このコンドームの動画は、日本語字幕がついている。NPO法人ピルコンさんがAmaze.orgの日本語字幕をつけるプロジェクトをクラウドファンディングでやっていたみたいで(ありがとうピルコンさん!)、2月にはその上映会があるようなので、こちらも興味ある人いたらチェックしてみてください。

pilcon.org

 

さいごに:ネット有害論への抵抗

www.youtube.com

「ネットは危ないから自転車でもこいどけ。本を買え」と呼びかける謎のモンスターに対して「おまえは何を言ってんだ」的にユースが問いかけているのが笑える、安全なインターネットの活用に関する動画。セクスティング(脱いだ写真を送ってしまった)で後悔した経験がある登場人物が、その後両親には言えなかったけれど先生には事情を話し、写真を消してもらうよう働きかけたり、加害者をブロックしたり、という「事後の話」を載せているのが良いなと思った。やったら人生おしまいだぜ、じゃないところも優しい。

 

そんなわけで、今回はAmaze.orgを絶賛してみた。友人知人からもらった資料は全部はまだ見られていないので、面白そうなものがあったら追加でご紹介します。