バラバラに、ともに。遠藤まめたのブログ

LGBTの子ども・若者支援に取り組む30代トランスの雑記帳です

炎上案件と当事者の役割(ロール)

LGBTに関するさまざまななニュースのコメントをメディアから求められる機会が多い。政治がらみの案件以外は、自分があまり怒っていないことに最近気がついた。自分が炎上してしんどかったことを思い出したり、コミュニティ全体が不寛容だと思われることへの心配、やらかした担当者の無知への同情など、色んな気持ちが渦巻いている。

ただ求められるのは一言コメントで、ロッキンオンみたいな2万字インタビューじゃない。 当事者の役割は怒りだったり傷つきだったりと狭く理解されている。「自分が次は炎上するかもってビビりました」なんてコメントは絶対に採用されないしね。 だけど、こういう話も安全にできたらいいよね。

ミンデルが「紛争の心理学」でこんなことを書いている。

「近い将来、教育や階級やお金を有する者が、有能な指導者になるのではなくなるだろう。代わりに、自分が生まれた抑圧された環境を生き残った者が、指導者になるだろう。同時に二つの世界を生きる人々、すなわち多数派の文化において否認された集団の一員である人々は、犠牲者になることを強いられているだけでなく、生き残って多文化の指導者になることをさだめられている。私たちは、そのような人々の強運、知性、自覚、そして愛といった助けを必要としている。他のどこに人権を守ろうとする意志と自覚を持った長老を見出すことができるだろうか」

周縁化された人たちの役割をここまで書いてるところがとても素敵だと思う。

一方、毎週だれかが炎上してみんなが怒って、それをずっと繰り返して、外交的な謝罪があって、というサイクルは、当事者を犠牲者役割に押し込めている感じがある。

自分が炎上案件に疲弊するのは、怒っているからではなく、自分が他の人と同様には怒っていないからだ。それは悪いことばかりでもなく、むしろいろんな感情になってしまうことを含めて活かせるような関わりができたらいいんだろうけど。

登場人物が変わるだけでずっと同じ番組を見せられてるような気分しないか?チャンネルを変えても同じストーリーが続くような。それは映し出しているテレビ自体がポンコツなんだよな。

世界を別のやり方でみる方法があることを思い返したい

 

 

 

 

 

ここにいることは最低で最強の抵抗

※死に関する話題を含みます。

 

昨日、イベント登壇直前に若い知り合いの訃報を耳にして泣きそうだった。病気だったという。イベント自体は完璧にこなした。実際に新刊について気心しれた仲間と語り合えるのはとてもうれしかった。悲しいことと、その他のいろんなことは同時に成り立ってしまう。 

以前にも似たような経験がある。このときは故人の母校である高校で教員研修をしなくてはならず、心が散々に乱れた(このときには自死だった)。宇佐美翔子さんが心配してついてきた。私は何事もなかったのように話を終えた。いかにもケロッとしている姿を見て「あーたは、いつも大丈夫なんだから」と見透かしたように翔子さんが言っていた。大丈夫に見えることと、大丈夫であることはもちろん別のことだ。いかにも翔子さんらしく、いかにも遠藤らしいエピソードだなという思い出。

『ミス・メジャー』という大好きな映画がある。80歳近いトランス女性のメジャーさんと、彼女をママと慕うトランスたちを描いたドキュメンタリー映画。みんなトランスであること、有色人種であることなどを理由に社会の中で散々な目にあっている。家族からもひどい目にあっている。そんな中、メジャーさんは大きな愛で彼女たちを迎え入れ、社会へのプロテストで娘たちを繋ぐ。このような最高の老人になりたいと私も思うが、悲しいことには、彼女の娘たちはママよりも先に若くして亡くなってしまうのだ。映画の最後にメジャーさんや、いろんなトランスの人たちが「I'm still fucking here」と言うシーンがある。ここにいることは最低で最強の抵抗。

冒頭の彼は、私が掲載された朝日新聞「ひと」欄の新聞記事の切り抜きをお守りのように持ち歩いていた。パスケースに入れているんだと最初にあった時話していた。さぞかし熱烈なファンなのかよと思いきや、初対面のテンションは普通だった(笑)。毎日新聞だと言うから、それは朝日新聞だよと訂正してあげた。

彼の夢は、自分の住んでいる街にLGBTの中高生の居場所を作ることだった。そのプロジェクトを代わりに実現することはできる。きっとこれからやる。

けれど、そこに彼がいないのでは、彼の夢が叶ったとは言えないね。

SNS上で政治的な発言をすること・しないこと

先日発売された『ソーシャルメディア・プリズム SNSはなぜヒトを過激にするのか?』はなかなかに面白かったので、感想のメモを残しておこうと思う。インターネットと社会運動の関係性について考える上で、示唆に富んだ一冊。

www.amazon.co.jp

同じ意見ばかり見て過激化する、は本当か

本書の一番の特徴は「ソーシャルメディアでは自分と似たような意見の人たちばかりが目にふれるよう設計されており、それによって意見が両極化する」という、いわゆるエコーチェンバー批判に対して、疑問を呈しているところだ。自分とは異なる意見に触れさせることによってエコーチェンバーから抜け出し、多様な見方が促進されるのかどうか、著者たちは実際にボットを使って実験をしている。

アメリカの民主党派に共和党派ボット、共和党派に民主党派ボットを1ヶ月間フォローさせた結果、共和党派の人たちは、ボットに注目していた人ほど考え方がより保守的になっていた(民主党派の結果はそこまで劇的ではなく、平均するとリベラル度合いが若干強まったが統計的に優位ではなかったそうだが)。

例として、わずかに民主党派だったパティの経験が紹介される。共和党派ボットをフォローした後は、以前は反移民の立場を表明していたパティはトランプによる国境の壁に強く反対するようになり、自分を「確固たる民主党派」と形容するように変わっていた。経済問題など、それまでほとんど知らなかった事柄についても党派的な意見を新たに育んだ。エコーチェンバーを壊されたときの状況を、パティは自身のアイデンティティへの攻撃として経験した。リツイートされてきた中道右派からの穏健なメッセージには注目せず、もっと過激な保守派数名による最悪の部類の攻撃=民主党派への粗野な、あるいは偏見に訴える攻撃に心を奪われた。

相手陣営の極端なヤツを「代表」だとみなす癖

攻撃をきっかけにパティはツイッターで初めて政治について投稿した。民主党派だとわかるような投稿をするとパティは個人攻撃を受けた。こうしてパティは党派戦争に足を踏み入んでいく。パティはリベラル派の論点で自分を弁護するようになり、自分の意見を党の見解にあわせることを学んでいった。大抵の人はパティと同じだ、と本書では述べられる。

SNS上で相手方と接触する経験は、自分の所属する党派的なアイデンティティを刺激するが、新たな考えへの関心を呼び起こさなかった。

ソーシャルメディアは18世紀のサロンではなくだだっ広いサッカーフィールドであり、そこで私たちの本能を導いているのは着ているユニフォームの色であって各人の前頭前皮質ではない/ 政治的アイデンティティが各自の意見を導くので、その逆ではない

という指摘は、インターネットによって人間の対話が促進されるようになり〜という、SNS黎明期の理想を完全にぶちこわすようなビターな記述だが、実際にその通りなのだろうなと個人的には同意する。

なお、異なる意見が対立するとき、私たちは相手陣営のマイルドな人たちではなく、極端なヤツに注目して「あいつらはめちゃくちゃだ」と言いがちであるらしい。

この話、最近自分の周りでも心当たりがあった。この前、ある人が「国葬反対している左翼」に怒っていたので話を聞いてみた。安倍昭恵に嫌がらせの電話をしている人間がいるので許せない、左翼はそういうことをする、と話していた。情報源はたぶんSNSで、真偽のほとは知らない。こういう話はデマの場合もあるし、真実の場合もある。遺族に嫌がらせする人間はどんな思想があろうがクズだということには同意する。でも、国葬賛成派の中にもいろんなクズもいて、クズの存在によって国葬反対派/賛成派をひとくくりに語ることはできない。

私はトランスジェンダーの権利擁護の活動をしている人間だが、トランスジェンダー(外国人でも障害者でも生活保護受給者でも、なんでも置き換え可能だが)を攻撃する人が、こんなクズなトランスもいると主張するのも同じ話だと思う。真偽のほどは知らない。本当のこともあれば、デマのこともあるだろう。でも、その議論自体で全体をくくることはできない。

このような議論は、差別に反対する人たちもまた学ぶところがある。トランスの権利についてよくわからない/どちらかといえば現時点では否定的だが意見を構成するに足る情報を得ていない/今後変わる余地がある学習中の人を、ゴリゴリのトランスヘイターと同じ言葉で一括りにするのには慎重であったほうがいいように私は考える。犬笛的なコンテンツによくわからず「いいね」をするのと、自分が差別的なツイートをはじめるようになるのには違いがある。

www.bbc.com

穏健派はミュートされている

最後に、本書の重要な指摘として「ソーシャルメディアにおける穏健派はミュートされている=面倒にまきこまれないように沈黙している」ことがあげられる。どちらからも矢が飛んでくるのだから黙っておいたほうがよい。得られることよりもリスクのほうがはるかに大きい。

既存のSNSでは(特にTwitterを念頭に置いていると思われるが)、アルゴリズムの設計上、過激な投稿をして、相手陣営を怒らせると自分の陣営からのリアクション=報酬がもらえる仕組みになっていて、もはや相手の考えを変えさせようとしてコミュニケーションを取る場所ではなくなっている。自分の陣営に疑いのまなざしを向けるような投稿をすると、これもまた危ない。本書では、相手陣営に嫌がらせをして怒らせているユーザーについての分析もあって面白いので、関心のある人はぜひどうぞ。

インターネットではひどい書き込みほど拡散されて、学びを深めるコンテンツは埋もれてしまうから反差別のコミュニケーションがそもそも難しい、という話は以前別のエントリーでも書いたが、ここでも似たような話が指摘されている。

endomameta.hatenablog.com

既存のソーシャルメディアがあまりに期待できないので、本書は最後に、著者らが対話を促進するための新しいプラットフォームを立ち上げるところで終わる。相手をやりこめるのではなく、学び合うことにより報酬系が得られるシステムになっており、既存のSNSよりはだいぶマシと思われるが、この新しいサービスがどこまで支持されるのかは不明だ。このようにすれば解決する、というスッキリした答えがでない本だが、それがリアルといったところだろう。

新刊が明日発売!これまでの本を振り返る

9月2日に、新しくまた本が出ます。

amazon.co.jp

今度の本は教員向けです。単著が出るのは5冊目。

似たような名前の本ばかり出してると思われそうなので、聞かれそうなことをまとめてみた。

Q.既刊『先生と親のためのLGBTガイド』とはどうちがいますか

タイトルが似てるけど今回の本は事例がめちゃくちゃ豊富です。2016年に『先生と〜』を出したときには、ひとりでコツコツ書き溜めた感があるけど、今回の本は半分が実際に取り組んでいる学校や生徒、NPOの実践についてのインタビューなので、これから実際に学校現場を変えていこうという人には真似がしやすいんじゃないかと思います。

背景として教育現場での授業実践や校則の見直しが2010年代前半に比べて、格段と増えて行ったことがあります。

Q.『先生と親のためのLGBTガイド』を持ってるので、今回は買わなくていいですか?

買ってください。血と汗の結晶です。

Q.執筆の裏話を教えてください

2年間の連載がベースになった本ですが、毎月連載がきつすぎて途中から締切日に書いているのが常態化へ。2021年の目標が「今年は連載をことわる」だったのに、あと1年がんばれば書籍化すると聞いて、秒で首をたてに振ってしまいました。ちょろかったのは、執筆過程ではなく私でした。

Q.本ってどうやったら出せるんですか。出したいです!

よく聞かれる質問なんですが、これまでの本は全部出版社から話をもらいました。参考にならないですね。参考になるとしたら、人に自分の文章を読んでもらう機会をとにかく作ることでしょうか。ブログやHPに書き散らしていた文章を出版社の人がみつけて、最初の本が出ました。SNSが便利な時代ですが、ある程度まとまった文章を書く習慣をつけると良いと思います。

Q.タイトルってどうやって決めるんですか?

毎回出版社の人が考えてくれます。私はネーミングセンスがないので、言われるがままにしています。

これまで出した本について振り返る!

せっかくなんで振り返ってみましょう。まずは2016年に出したこちら

www.amazon.co.jp

とにかく分厚い本です。著者割でたくさん買い取って自分や友人で500冊ぐらいは手売りしました。QA形式になってたり、普段の言動のふりかえりチェックシートがついていたりして、とにかく親切なつくりですね。はじめて本が出た時はとても感激して両親にプレゼントしました。 

www.amazon.co.jp

これまで出した中でいちばん赤裸々なやつですね。人を思いっきり笑わせたいし、泣かせてみたいという意欲があふれてました。本当はどの作品でも爆笑させたいんですが、なかなか「先生のための〜」とかだとそうはならないのが歯がゆいですね。

20代の頃に友達がやたら死んでしまった時期があって、自分自身も子ども時代のいろんなしんどさがあって、この本が出たときにはようやくいろんなことを忘れられると思った記憶があります。外付けハードディスクに似ているというか。著者にとってこれを書くのが必要で、だけどあとになってから絶対に読み返したくはないんだろうなという書籍がときどきあるけど、そんな本(最近だと崔実さんの『ジニのパズル』に似たようなもの感じました。向こうは受賞作品ですが)。

この本を出してから講演のときに自分の子ども時代の経験を語ることは減り、制服を着る悪夢を見る機会が減ったのはよかった!

www.amazon.co.jp

タイトルはまじめだけど、そこそこ笑わせにいっているやつ。もう少し不真面目なタイトルが良かったんじゃないかと思うけど、広辞苑LGBTの説明が間違ってた騒動とか、テレビでのLGBTの表現についてとか、日頃めにふれるニュースをネタに性の多様性について考えるのにはとても良いんじゃないかと思う本。ベースになっているのはWezzyで連載していた「トランス男子のフェミな日常」。当該連載をはじめた当初はトランスヘイトの昨今の現状は夢にもみていなかったので、一寸先は闇とはこのことですな。第二章はすべてトランスジェンダーフェミニズムについて書かれています。

www.amazon.co.jp

10代向けの本は、難しい内容を単純化することはないけれど、大人だったらスルーしてしまうような哲学的な問いに対してきちんと向き合う必要はあるなと思って書いた本。第二章の「個性」とか、登場人物がLGBTのキャラクターですらなくて、この本は本当にLGBTについて書いている本なのか混乱した読者もいたらしく、しめしめと思った。ここに出てくる架空の登場人物は基本的にはカタカナなのだが、4章に出てくるトランスジェンダーのジュンの恋人・桜だけが漢字になっている。フツーの彼氏になれずに思い悩めるジュンに対し、フツーに興味がなく、ジュン君を弟のように可愛がっている桜だけがこの本に出てくるユースの中で「大人」で、だから桜だけが漢字・・というのは後付けの理由であり、実際には表記ユレです。

 

他にも共著だと『思春期サバイバル』シリーズがあり、こちらも近く最終巻が出ます。そう、第3巻あるんです。お楽しみに!

マッサージ屋でsirと呼ばれた話

この前バンコクを旅する機会があり、マッサージ屋にいった。赤の他人に自分の身体を触られること自体がなかなかハードルが高く、いろんなメニューがあったが、自分が選べるのはフットマッサージ一択だった。

私の外見は男性にも女性にも見える。そのため自分がこの場に置いてどう認識されているのかは、いつもアンテナを張っているところがある。国によってもちがう。サンフランシスコでは楽勝だが台湾では苦戦する(童顔で小柄なアジア人に対する眼差しが分かれるのだろう)。そのため行ったことのない国に行くときには緊張する。

受付の人ははじめ私をsirと呼び、男性と思われていることがわかった。30分間、足をこねくり回してもやっぱりsirと呼んでくれたのでありがたかった。足のサイズで女性だと思われたら嫌だなと心配していた自分に気がついた。このような細かいところでの心配が日常生活の中でいろいろとある。

ここにある身体に対して、自分自身や他人がどう意味付けするのかは、場面や関係性、人生のときどきによって一律でない。10代の頃にはトランスジェンダーであることは罰ゲームなのだと思っていた。自分の肉体を憎むことでいっぱいだった当時は遺伝子のような単一の見方で自分の身体を捉えていた。自分の身体のせいでありとあらゆる間違いが生じ、大変な負債を背負わされていると絶望していた。

それが時間を経て、ひとつの基準で身体をとらえなくても良いのがだんだんわかっていった。

他人は適当だった。私に筋肉がなくても定食屋の店員はたくさんご飯を盛る。男女でご飯の盛り方を変える接客の是非はさておき、何の説明も必要とせず男性として扱われうることはホッとする(いつもそうだというわけではない)。

声の高さもどうせ世界で一番気にしているのは自分だ。未だにラジオに出た自分の声を聞くと「こんな声をしているんだな」と思い、正直、そんな好きってわけじゃない。でも貯金のある私は別にやろうと思えばいつだってホルモン療法はできる。医療アクセスしたくてもできなかった10代の頃とは心の余裕がちがう。

多くのトランスは恋人との関係に悩むが、私の交際相手は私の身体的ステータスにまったく興味がない。本当にどうでも良いと思われている。職場でもし誰かが代名詞を間違えても同僚が直してくれるだろう。それは私の外見の問題ではなく、代名詞を間違えた人の問題だ。

こうしてトランスであることはいつのまにか罰ゲームではなくなっていた。ただ、そのいくらかは細やかな諦めや心配と隣り合わせの生活がもはや当たり前になり、シスジェンダーであれば当然のことが同じようにできないことに慣れてしまった結果かもしれない。

もしも外見がシスジェンダーのように見えれば、自分が他者の目にどううつるのか考えることもなく街を移動できる。プールやジムにも行きやすくなるだろう。マッサージでもみほぐす範囲も増える。

それらの中には身体的トランジションに伴い可能になることもあれば、自分には一生手に入らないものもあるのだろう。

長く書いたが、ここに確かにあるはずの体は、ときどき人によって解釈のちがう詩みたいなもんである。

LGBTに関するエッセイが中学入試の問題にでる世の中になった

昨年出版した『みんな自分らしくいるためのはじめてのLGBT』(ちくまプリマー新書)が今春の中学入試の国語の問題で出題されたらしい。

粋な計らいをしてくれたのは自修館中等教育学校で、出題されたのは第1章の「友情」に関するエッセイ。本当の友達だったら秘密をもっていてはいけないのか。うそをついてはいけないのか。そもそも本当の友達ってなんなのか。他者との関係性や距離感、強いつながりと弱いつながりの、それぞれが果たす機能。そんなことについて書いたのが本章でした。

最初に出版社から依頼があったとき、読むのが10代と聞いて、内容を容易にする必要はないけれども、大人になったら考えなくなるような哲学的な問いにきちんと答える必要があるなと思って書いたので、読まれ方としてもきちんとそのように受け取ってもらえた感じがしてうれしいです。

最近も講演先の中学校で「まわりのみんなと私で、意見がちがったとき、どうしたらいいと思いますか」という質問があって、きちんと授業やれたんだなと思いました。LGBTの人って〜なんですか、という質問より、よほど自分ごととして考えてくれているんだなと伝わってくるよね。

(このときの自分の答えは、ちがう意見をその場で言ってもいいし、その場でみんなに言えなくても別の日に話せそうな人に言ってもいい。でも、言わなくってもいい、というものでした。私の意見はfont-daさんの「話さなくていい、声を上げなくていい」に近い)

font-da.hatenablog.jp

話は戻り、入試にのったということで、今度は大手学習塾で使われる中学入試対策の国語の問題集にも載ることが決定しました。これはかなり影響力大きいよね。日本中の小学生が、友達にカミングアウトすることの葛藤にまつわる文章を読むわけだから。

昨年は人気連載漫画「こっち向いて!みい子」にトランスジェンダーのキャラクターが出てくるなど、以前だったらなかった動きも出てきている。こちらもトランスジェンダー本人だけでなく友人の反応や、そもそもの校則について考えさせるなど深い内容だった。

今後もこういう流れが続いてくれたらうれしい。

セミナーの注意喚起について

先日、LGBTに関する啓発活動を行なっている清水展人氏よりメールをいただきました。私が2017年2月にTwitterで発信していた清水氏に関する2つのツイートについて削除してほしいとの内容でした。

Twitterは前後の文脈が分かりにくく、5年前のツイートであれば尚更と考え、本日当該の2つのツイートを削除することにしました。

とはいえ、当時の注意喚起は重要であり、記録に残しておくことがLGBTコミュニティにとっても有益であると考え、背景の文脈を補足する形で本記事にまとめることにします。

ことの経緯としては以下の通りです。2017年2月に清水氏が行っていた起業セミナーに参加したLGBT当事者の人たちから私のもとに相談がありました。200万円のセミナーだが今契約すれば97万円などと言われて契約したものの、セミナー費用の高額さに疑問を持っている、返金を希望しているなどといった相談内容でした。

また同じ頃、清水氏が代表理事を務めている一般社団法人日本LGBT協会の、清水氏とは別の理事が高額なコーチングの勧誘を行っていることを知人から聞きました。私としてはこれ以上セミナー等に参加して後悔するLGBT当事者を出したくないとの強い危機感がありました。

 

私が注意喚起をしてから5年経過し、この間、清水さんが同様の高額セミナーを行っているとの情報を私は得ていませんし、困っている方からの新規の相談も受けていません。

 

以下は一般論となりますが、仕事がなく経済的に困窮している人も多いLGBT当事者の中には、一発逆転的な発想で高額セミナー等に救いを求める人も少なくないように思います。LGBTコミュニティでは自己啓発セミナーやネットワークビジネスの勧誘をよく見かけます。自己肯定感が持てず、頼る人がいない中でこのようなビジネスにはまり、さらに困窮する人が出てしまうのは問題であると個人的に考えています。

5年前の本件に限らず、このような注意喚起は2022年の今日にも有益であると考え、あらためてブログに経緯をまとめてみました。